私たちは30年以上経っても
いつまでも快適に過ごせる家を造ります

呼吸する素材を使っているので機械に頼らず建物の躯体で湿度のコントロールができます。
柱の画像 建築現場の画像 代表取締役 和田 雅徳 工具の画像 男性スタッフの画像
長期に快適に暮せる木造住宅を提案施工することで、森の循環を再生し子孫に豊かな日本の木々や水を継承していく企業を目指します。
お客様が先利益は後と言う先義後利の真理に従い、お客様の 驚嘆(wow)を求めることを、先に考え実践します。
現在の設備と日本古来から伝わる技能を融合させ、健康で快適な住まいを 建築することを責務とします。

特徴①

外断熱と内断熱のW断熱

Heat insulation

あまり知られていませんが、外断熱、内断熱と使い分けているのは、日本だけです。
外断熱、内断熱はどちらにも長所、短所があり、それだけでは、完璧ではありません。
内断熱(=充填断熱)、外断熱(=付加断熱)を両方合わせて初めて「正しい断熱」と言えるのです。
W断熱の性能と効果
W断熱の性能と効果について説明画像

①結露防止効果

外断熱に使用する「ロックウール」は、繊維系断熱材のため水蒸気の透湿性は断熱材の中ではトップクラス。
壁の中に溜まった水蒸気をドンドン外に排出、通気層なしで内部結露を防ぐ事が出来ます。

②優れた耐久性

構造体が外気温度・湿度の影響を受けにくく、劣化を大幅に防止、諸外国並みの住宅の長寿命化を実現させました。

③省エネ効果

W断熱による205mmもの厚い外壁のもたらす高い断熱性能で、建物が真夏の暑さや真冬の寒さなどの外気温に影響されにくく、室内温度・湿度がほぼ一定に保たれ冷暖房を省エネルギー化。
非常に快適な住空間を創ります。

外断熱ロックウール
燃えないアルセコ外断熱システム

耐火性

耐火性

徹底的にテストされ、
数えきれないほどの実績があります。
透湿性

透湿性

壁内の湿気が結露せず外へ逃げ、
壁が乾燥できる性能です。
耐衝撃性

耐衝撃性

地震の際には、外壁面にクラックを生じさせない性能を兼ね備えています。
超撥水性

超撥水性

撥水性によって壁から
汚れが洗い流されます。

内断熱セルロースファイバー
魔法の断熱材セルロースファイバー

断熱性

断熱性

原料は、100%古紙のリサイクルです。
木質繊維同士のからまり合いで生じる胞に加え、木質繊維特有の微細な空気胞があり、この二重の断熱効果で優れた性能を発揮します。
さらに、壁の中に吹き込む充てん工法で、柱間に完全に隙間なく、高い充填密度で吹き付けるため、空気の流通が止められ、断熱性のみならず気密性も高まります。
難燃性

難燃性

万一の火災の際の延焼を防ぎ、
有害ガスの発生もありません。
防露・調湿性

防露・調湿性

周囲の状態に応じて水分を吸ったり吐いたりするため、結露を防ぎます。
カビ・害虫にも安心

カビ・害虫にも安心

吸放湿性の効果でカビや菌の発生を防止。害虫に対しても効果があります。
撥水性

撥水性

水分を弾く処理がしてあるため、
わずかの雨漏りにも安心です。

特徴②

トリプル断熱硝子樹脂サッシ

Glass resin sash

「アルミサッシ+シングルガラス」の窓と比べて「トリプル断熱ガラス樹脂サッシ」の断熱性能は5倍以上。
少ないエネルギーで快適な生活ができます。
窓を触っても、冬「冷たくない」、夏「暑くない」が基本です。
トリプル断熱硝子樹脂サッシの特徴
トリプル断熱硝子樹脂サッシの特徴の説明画像

窓から逃げる熱エネルギーは大きい

日本の住宅で冬期間、暖房エネルギーの実に半分近く
が窓から失われています。
最大の弱点、窓の断熱性能を高くすれば、大きな省エネ効果が見込めます。

高い断熱性能で省エネを実現

アルミサッシの5倍以上の断熱・省エネ効果。冷暖房費用が大幅に減ります。

結露しにくい窓

アルミサッシに見られる厄介な結露。カビによる健康被害や柱、窓台の腐れの原因となります。断熱性能の高いトリプル断熱ガラス樹脂サッシは結露を防
ぎ、カビのない健康な住まいを守ります。

アルミ+シングルガラス
アルミ+シングルガラス
U=5.6W/㎡K
アルミ+複層ガラス
アルミ+複層ガラス
U=3.5W/㎡K
トリプル断熱ガラス樹脂サッシ
トリプル断熱ガラス樹脂サッシ
U=0.91W/㎡K

外ブラインドは必須です

外ブラインド効果についての説明画像

窓から伝わる暑さを抑える

暑い夏でも窓から熱流入が71%になります。
外の熱「暑さ」を伝えない断熱性能がここでも効果を発揮します。
また、日射を遮ると更に効果は増します。

ブラインドで、快適な室内を

ブラインドが無い住宅に直射日光が差し込むと部屋の冷房能力が不足し、短時間のうちに室温が上昇します。ブラインドを使用することにより日射による室温上昇を抑えることで、冷房負荷を下げ、エネルギー消費を減らすことができます。但し、ブラインドの位置により効果は違い、室内ブラインドを設置しても効果はありません。

ガラス単体日射遮蔽率80%
ガラス単体
日射遮蔽率80%
室内ブラインド日射遮蔽率75%
室内ブラインド
日射遮蔽率75%
外ブラインド日射遮蔽率25%
外ブラインド
日射遮蔽率25%

特徴③

ダクトレス熱交換換気システム

Ductless

低燃費住宅が何故、ダクト式ではなく「ダクトレス」の熱交換換気システムを採用しているのか?
その理由は、「ダクトレス」による低い消費電力と、メンテナンス性にありました。
低い消費電力
効率的な熱交換換気について説明画像

VENTOsanは2台1対で相互に稼働することにより、効率的な熱交換換気を行います。
蓄熱エレメントに熱を蓄えながら、70秒ごとに換気ファンを繰り返し反転させて給排気を行います。
消費電力が1台わずか3Wの換気ファンと、蓄熱エレメントの相乗効果により、年間暖房コストを大きく抑えることができます。

蓄熱のしくみについて説明画像

メンテナンス性
メンテナンスについて説明画像

VENTOsanは換気ユニットを直接壁に埋め込んで取り付けるため、ダクトが
必要ありません。専門業者へ定期的にクリーニングを依頼する必要がないため、ダクト式に比べ、メンテナンス費用がかかりません。
蓄熱エレメントや防塵フィルターの清掃や部品交換も専門業者に依頼するこ
となく、ご家庭で手軽にできます。